土足文化に慣れがない日本人がホームステイに持っていくべきアレ

この記事をシェアしてね!

こんにちは。EXSのLeoです。

大学生はそろそろ春休みで、高校生たちは学年末試験の時期です。

この時期になるとボクらはホームステイの手配が忙しくなり始め、ホームステイに向けた講習会・説明会も多くなります。

そんな中、毎回「これは持って行った方がいいよ」という話になるわけですが、今日はそんな持って行った方がいいリストの中から履物についての話題です!

土足文化、経験ある?

日本の家は概ね靴は脱いで上がりますよね。

スリッパを履く家もあるとは思いますが、外履きは脱ぎます。

アメリカは一方、土足文化で、靴を履いたまま家に上がるわけですが、でも、外履きの靴って結構しっかりフィットしていて窮屈だからそれをずっと家でも履いているのはしんどいんです。

なので、経験ない方には想像外の話かも知れませんが、なんだかんだで自分の家では靴を履き替えるものだったりします。

もちろんゲストはそのまま履いてきた靴を履いていますけどね。

持っていくと楽だよ、クロックス

類似品でもいいんですが、クロックスのサンダルはかなりオススメです。旅行用としてはもっと薄っぺらくて(そして軽い)サンダルもお勧めとして並んでいると思いますが、あれは本当に、歩くようじゃないです。飛行機でもらえるものにもそういうスリッパありますけど、それをもらえるとしてもクロックスを持っていく方をお勧めします。

立体的な形状なので邪魔かも知れませんけど、日本からアメリカに行く場合直行便でも片道10時間くらい飛行機です。その間普通のスニーカーやローファーを吐き続けるのはむくみに対して大変です。だからって裸足でずっといるのも微妙。

クロックスなら軽量で、しかし歩くときのサポートもしっかりです。ちっさくはなりませんが、ホームステイ先でちょっと外に出る時くらいまでは対応する力があり、かつ、土足の家の中で歩くのに困りません。

冬でも靴下を履いていればそこまで寒くないですし、夏ならこのまま水に入れます。

数千円で買えるのでオススメ

類似品なら数百円、クロックス本物でもモデルによっては2,000円くらいで買えますのでボクあとってもお勧めしています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PR

この記事をシェアしてね!

この記事を書いた人

シアトル生まれ、大阪育ち。EXS International代表。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。

PR