3年目を迎えました!今年から企業スローガンも設定し、勝負の1年へ邁進してまいります!

この記事をシェアしてね!

こんにちは、EXS International代表のLeoです。

おかげさまで本日、創業記念日となり、EXS Internationalは起業からまる2年を終え、3年目が始まりました!

起業前に、いろいろな方から3年で芽が出なければ廃業も考えなければならないということを言われて来ましたが、3年目を迎え同様の気持ちを強く持っています。つまり、ここからの1年が勝負の年となりそうです!

Motto

3年目にして今更かもですが、会社としてのスローガン、モットー的なものを策定しました。ここまでの2年、創業前に想定していた通り進んだこと、進まなかったこと色々ありましたが、3年目を迎えた今日時点での我が社の理念や目指すものを表したものとして非常に気に入っております。

人生を変える出逢いがある

候補には、人生を変える出逢いを「目指して」とか、人生を変える出逢い「のそばに」など”人生を変える”というテーマの中、いくつも並びました。

EXSが人生を変える様な出逢いを演出したいとか、人生を変える様な経験を与えたいという想いはとても強く、それを表すものをと考えましたが、そうありたい以前に、出逢いには人生を変える力があるんだよ、ということを伝えたいという想いがあり、私たちがそういった出逢いの機会を生み出せる存在でありたいということを含めて、このフレーズにしました。

英語で、「Life-changing」などと言いますが、これまで弊社の関わったプログラムで参加者が人生が変わったと話してくれたことが何度もありました。そしてその瞬間の彼らの目の輝き、生き生きした表情がボクは大好きで、そんな瞬間をこれからも生み続けたいと強く思っています。

もしかしたら出逢うことのなかったかもしれない人たちが出逢い、人生が変わる様な時間を過ごす。EXSはそうした瞬間を作り、寄り添い続けられる様な会社に育てて行きたいと思います。

よろしくお願いします。

What’s Next?

勝負の3年目を迎える我が社の次の一手はなんなのでしょう?

ここまでタネを蒔き続けて来た2年だった気がします。

スタートアップにとって、最初の1年はどれだけ加速度的に前に進めるかが大事だと思いますが、正直EXSの初年度は散々でした。まあ、思い通りに進めなかったということです。

しかし、「石の上にも3年」といいますし、最初のスタートダッシュにつまずいても、やるべきことをコツコツと積み重ねて来たつもりです。

2年、3年、いやもっと先を見越して動くのはビジネスにおいては当たり前のことですが、まず目先の1年というものに目を向け、確実な一歩を進めていくことも重要です。

去年1年は、1年目に蒔いたタネが発芽から若葉へと成長した様に思います。その若葉をさらに強い幹を持ったものに育てると同時に、新たに蒔いたタネを発芽させ、育てる、これを続けて行きたいと思いますが、最初の若葉にプラス、花を咲かせるのが3年目の目標の一つです。

以上はたとえ話で少し具体性に欠けますが、EXSの描いている「花」が咲いた暁にはもちろんご報告申し上げます!

3年目のEXSをどうぞご支援お願いいたします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PR

この記事をシェアしてね!

この記事を書いた人

シアトル生まれ、大阪育ち。EXS International代表。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。

PR